グリーンスムージーに使う水あれこれ

グリーンスムージーに水道水を使う際の注意点

蛇口から出る水

市販されているグリーンスムージーの多くは水を混ぜて液状にして飲みます。 ではどんな水を使うべきなのでしょうか。多くの人にとって1番身近な水は水道水です。 世界的にみて日本の水道水はとてもきれいです。それは上水や下水などの管理がしっかりされており、水質のチェックも国が定めた安全基準に基づき定期的に行われています。 また、日本には山や川、湖などの自然が多く残されており、水の原料は天然水が使われています。 そういった点からも日本の水道水が美味しいという定評があります。蛇口をひねって出てきた水を飲用水として利用できるのは世界トップクラスです。

ただそんな美味しい水であっても注意すべき点はあります。それは塩素です。これらの水は殺菌のために必ず塩素が投入されています。 どんなに水がきれいな地域であっても一定量は使われています。もちろん人体への影響はない範囲ですが、カルキの匂いは気になるかもしれません。 カルキが気にならないようにするためには、煮沸をする方法があります。水を煮沸することで塩素を分解してよりきれいな水を作りだすことができます。 また別の方法ではレモンを少し加えることで塩素を分解することもできます。よくレストラン等で利用されているものと同じ原理です。 ちょっとしたひと手間で水が変わるだけでグリーンスムージーの美味しさも変わってくるでしょう。

水道水以外の水を利用するのであれば市販のミネラルウォーターを使用することになります。 非常にレベルの高い水が蛇口を出るだけで出てくる日本ですが、ミネラルウォーターは1000銘柄も流通しています。 ただの水と思われがちですが、味や口触りもまったく違い、期待できる効果も違います。 とても飲みやすくスムージーにも馴染みやすい軟水やミネラル分やカリウムが多く含まれていて美容や健康にも効果が高い硬水を効果的に取り入れるのも良いでしょう。

水道水からミネラルウォーターまで多くの種類の水がありますが、水にも少し気を遣ってグリーンスムージーライフを楽しみましょう。

グリーンスムージーは水と牛乳どちらで溶くべきか

カップに入った牛乳

グリーンスムージーを飲む時に水の代わりに牛乳で溶いている人はいませんか。たしかに牛乳のほうが飲みやすかったり、腹持ちが良いとも声もあります。 しかし、牛乳を使うことで水を使うよりも効果が減少してしまうこともあるのです。それは栄養素の吸収率が関係しています。 牛乳に多く含まれている成分はタンパク質です。これももちろん体にとって非常に重要な栄養素ですが、腸内でビタミン等のほかの栄養素の吸収を妨げる働きをしてしまいます。 スムージーを飲む目的は人それぞれではありますが、栄養をたくさん摂りたいという理由でスムージーを飲んでいるのであれば水で溶いたほうがいいでしょう。

また、牛乳にはカロリーがあります。 消化が遅いため満足感や満腹感を得ることができ腹持ちは水とくらべると多いですが、 美容やダイエットのために飲むのであれば他の食生活や運動などによっては逆効果をもたらす可能性があるので注意が必要です。

それだけではありません。粉末タイプのスムージーを飲む際に注意が必要なのは「ダマ」です。粉末タイプは溶かすという作業が発生します。 上手に粉を溶かさないとスムージーに粉っぽさが残り飲みにくくなります。 各メーカーも基本的には水で溶けやすい製品を作っていることが多く、牛乳ではダマができやすくなります。 それを利用する場合には先に牛乳を入れてから粉末を入れ、ダマになることを防ぐようにしましょう。

これらの理由から、効率的に栄養を摂取したり、最大限の美容効果をもたらすためにも、粉末タイプのスムージーを溶かす場合には水がベターだとされています。 しかしながら、グリーンスムージーはあくまでも長く続けることが大前提です効果をもたらします。 飲みやすさ、飽きがこないようにする工夫、そういった観点からも飲み方を併用する方法は効果をもたらします。 上記のメリット、デメリットがあることを理解したうえで効果的にグリーンスムージーを使うようにしましょう。

水を入れないでグリーンスムージーを作るとスイーツができる?!

サンプル画像

美容や健康のために人気があるグリーンスムージーは手作りする方法と市販の粉末を活用する方法があります。 お互いにメリットデメリットがあります。 手作りであれば好きな食材を組み合わせてその日の気分に合わせたスムージーを作ることができアレンジが豊富にできますが、手間がかかります。 市販のものであれば多くの商品が水と組み合わせてシェイクするだけなので手間がかからず飲みやすい美味しいものを食べることができますが、食材をアレンジすることはできません。 それぞれライフスタイルにあわせて好きなものを選ぶことができますが、どちらのタイプにも活用できる簡単なアレンジがあります。

なんとスイーツを作ることができるのです。手作りであれば、水は入れないでスムージーを作ると野菜や果物から出る水分のみでゼリーのようなスイーツができます。 その際には野菜や果物の塊が残りやすいので柔らかいものから順にミックスしていく方が良いでしょう。 粉末タイプであれば少量の水を混ぜることでプルプルのゼリーのようなスイーツができます。
スイーツとはいえ、原材料からわかるように野菜や果物の自然な甘みを利用して砂糖も入っておらず、とても健康的なものです。 特に粉末タイプのものは味が食べやすいように工夫されているのでとても美味しく食べることができます。 その他にも粉末タイプはかなりアレンジをすることができます。ヨーグルトに粉末をかけて食べたり、粉末を混ぜてお菓子にすることもできます。 もちろんお菓子のようにアレンジをしたとしても粉末は栄養価が高くヘルシーなスイーツになります。

ダイエットや美容目的でグリーンスムージーを飲んでいたとしても時には甘いものを食べたくなるでしょう。 そういった際には水分量を調節したり、簡単なアレンジをすることで食感を変えながら満足感を得る事ができます。 グリーンスムージーは続けることが大切です。手軽で手間なく利用できる粉末タイプを上手に使い、食べ方のアレンジもしながら長く続けるようにしましょう。